築30年以上の住宅は建替え orリフォーム?

水井装備では、瑞穂町・羽村市・福生市・青梅市・武蔵村山市など1町4市を中心に、新築やリフォームを手掛けておりますが、お客様が一番悩まれるのは以下3点です。

★30年以上建つお住まいの住宅を建て替えるか
★大型リフォームで古い間取りを変更したり、住宅設備を最新のものに入れ替えたり、その際に断熱改修したり、耐震改修したりして住み続けるか。
★各所を修理しながら住み続けるか。

水井装備では、建築の専門家、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャルプランナー、などなどの皆様のお役に立つ有資格者が在籍しており、皆様にとって適切な工事を行うことができますので、お気軽にご相談ください。
また、フラット35取次店、リフォームローン取次店、小規模な工事にはクレジット決済(5%還元事業者)取扱店にもなっており、ご利用しやすい環境を整えております。

住宅の劣化について

今回は30年以上の住宅は必ず考えなくてはならない「劣化」について少し検討しましょう。
住んでいれば、必ず時間とともに劣化はしていきますが単に劣化といっても、いろいろな見方があります。

物理的劣化とは

経年劣化といわれ、使っているとダメになる、時間とともに変形したり、色が変わったり、物が古くなっていく「目に見える」劣化です。

機能的劣化とは

最初は当然新しく最新鋭のもの、例えばシステムキッチンやシステムバス、給湯器、しかし、メーカーでは毎年のように新しいモデルを開発し、より便利に、より効率よい商品が出てきます。機器は使えているが、性能、機能の低下が機能的な劣化です。
現在ですと、30年前よりもかなり電化、IoT化が進んでおり、通信インフラ整備も今の住宅では当たり前となっています。

社会的劣化とは

いわゆる「時代遅れ」です。住宅でも時代によって求められているものが変わっていきますし、居住者のライフスタイルも、家族の成長によってどんどんと変わっていきます、しかし、一般的に住宅(特に建売住宅)は、中々、可変性を持たせることができません。

そのニーズの変化によって、住んでいる家族と建物自体にギャップが生じ不具合が出てくる劣化です。住んでいる方の心理的変化にもかかわります。
例えば、子供の成長によって部屋が足りなくなる、夫婦が歳を重ね、住宅に不都合が生じる、といったことがあります。
また、法令の改正により現行法に合わない住宅となったり、今ですと、通信インフラ未対応、環境性の未対応なども社会的劣化となります。

経済的劣化とは

時代背景、景気状況により資産価値が低下したり、古いものを使っていた方か修繕したり交換したりするよりも逆にコストがかかってしまうものなど費用の負担的劣化です。30年前の住宅は気密性や断熱性が低く、今の住宅とは比べ物にならないくらいのエネルギーを使用します。エネルギーロスが激しく、気が付かないかもしれませんが今の住宅よりも毎月のランニングコストは計り知れないほどかかっています。これは今後のエネルギーコストの問題でも回復していきづらい問題です。

どの劣化も時代に合わせ、ダメになってからではなく予防的措置、定期的な維持管理をしておくことにより劣化の速度は緩やかになり永く快適に過ごしてけると思います。

★30年以上建つお住まいの住宅を建て替えるか
親子リレーローンなどで、次世代につなぐことができます。家にいる時間が増えてくる歳になってきたときでも快適ライフを楽しめます。

★大型リフォームで古い間取りを変更したり、住宅設備を最新のものに入れ替えたり、その際に断熱改修したり、耐震改修したりして住み続けるか。
建て替えよりはコストはかかりませんが、意外とかかります。規模によっては、仮住まいのコストがかかります。
リフォームローンを組めたりしますので、全額手持ち資金から考えなくても大丈夫です。
大型になればなるほど基礎や構造体は住宅のままですが新築のように生まれ変わります。

★各所を修理しながら住み続けるか。
痛みが激しい外部、屋根や外壁の修理をしないと雨漏りの原因になります。
毎日使う水廻りは、定期的に交換、修繕が必要です。
室内の毎日歩く床面、よく歩くところは凹みが激しく、増し張りや張替えなどが必要です。
室内の壁天井のビニールクロスは汚れ、剥がれが年数とともに必ず出てきます。
徐々に維持管理をされている方は、お家にも気を使っていらっしゃる方が多いので劣化速度も緩やかに進んでいきます。
しかし、修理だけでは、どうしても社会的劣化、経済的劣化は避けられません。

どの選択肢が自分たちに合っているか、分からなくなった時にはご相談ください。

工事までの流れ

メール・電話でのお問い合わせ

担当者から折り返しのご連絡

希望日に合わせご訪問等

ご相談を受け、各種ご提案(3~4回のお打ち合わせが必要な場合もあります)

ご依頼、契約後、ご希望日に合わせ工事

契約時のお支払い条件に合わせご決済

アフター

お客様ご自身での判断も難しいケースもありますので、お悩みになられるようでしたら一度お気軽にご連絡下さい。

築30年以上の住宅は建替え orリフォーム?

株式会社 水井装備 0425573829 〒190-1223 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎西松原14-4

お問い合わせ・相談

新築、リフォーム、設備のトラブルなど、お住まいに関するご相談、お問い合わせは、お電話またはメールにて受付しております。