この街の、次の景色を。

水井装備のホームページにお越しいただきありがとうございます。

水井装備は西多摩地区で創業し、今年で34年目。一級建築士事務所という社会的にも責任ある企業となった今、常に最高の仕事ができるよう、お客様一人一人と丁寧に向き合い、様々なスタイルにあったサポートをしてまいります。

れまで新築やリフォーム、設備や家のトラブルだけでなく、多摩地域を中心とした郵便局、西多摩地域を中心とした小・中学校も担当してまいりました。これらの施設は人の出入りが多い分、故障やトラブルが多いものです。

例えば、開閉が多くダメージを受けやすい扉などは、開閉に不具合があると利用者の方にも施設の方にもご不便を感じさせ、小さなストレスとなるほか、事故の原因にもなります。

私たちは、地域の皆様、そこで働く皆様が安全に、また少しでも快適に施設を使えるよう、という願いを込め、現在もほぼ毎日どこかの公共施設の整備や修繕を行っています。

近年は、皆様がお住まいの住宅関連のお仕事も多く行わせてもらっており、新築住宅の設計から大規模リフォームをはじめとする設計・工事全般から、住宅ローンなどの資金面のサポートにも注力し、お客様からリピートして発注いただけることも多く、ご満足いただけていることは自負するところです。

そうして、誠実に仕事を重ねていくうちに、私たちはこの街の未来を「住まい」や「建物」といった切り口から、何かできることはないかと考えるようになりました。

私たちが暮らす西多摩地域は、東京の中でも自然豊かな緑が溢れ、川が流れ、家族を安心させてくれる風土があります。人と人とのつながりが、未だ残っている地域でもあります。

しかし、社会問題でもある高齢化や都心一極集中での人口減、特に若い年代の街離れで、地域の活性はすこしずつ薄まってきていると言わざるを得ません。
西多摩地域は、この地域に住む方々、これから育っていく子どもたちが豊かに暮らし、誇りに思える街としてこれからも続いていく地域でなくてはならないと思います。

住まいや建物から考える街づくり

とはいえ、私たちは小さな企業で微力でしかないでしょう。そんな中で、この地域を盛り上げるために私たちにできることは何かを考えていくと、やはり私たちのベースとも言える「住まい」や「建物」から始めようと思いました。

自分の家が本当に快適で、安心のできる場所であること、自分が働く施設が本当に働きやすい建物であることは、人生を豊かに過ごすうえで非常に重要なピースです。

そうした家や建物が増えていくことは、ひいてはその街を豊かにすることにつながるのではないか。そうした考えから、水井装備は自社ブランドのオリジナル住宅の開発という大きな改革を行いました。

元々水井装備では、夏でも冬でも快適に過ごせる高気密の住宅や、ゼロエネルギー住宅、耐震等級3の地震に強い家など、さまざまな超高機能住宅を手掛けてきました。しかし、そうした高機能住宅は値段も上がってしまうのがネックです。

そこで水井装備では、「価格をなるべく上げずに、すべての方に高機能の家を体感してほしい」という想いから、機能をそのままに利益度外視で価格帯を下げたオリジナル住宅「BeStorie(ビストリエ)」を開発しました。

大人にとって家は「住まい」ですが、子どもにとっては「遊び場」でもあります。キッチンから常に様子が見える遊び場や、ハンモックを設置するなど、ご家族のご希望に応じて、ワクワクするような空間もご用意しています。

「一点の曇りもなく子どもたちを育てていきたい」という親が子を思う気持ちはみんな一緒です。思い描く理想の家族になるため、家族が笑顔でいるために家を建てるのではないでしょうか。今よりももっと良くなる為の大きな決断をするのですから、末永く愛着を持てる良い家を作りたいと心から思っています。

「住まい」のその先へ

水井装備では、そうした徹底的にこだわり抜いた愛着の持てる「住まい」から派生して、「暮らし」の角度からもサポート、そして地域のための取り組みを始めました。

「暮らし」のサポートでは、家を建てる際にお金が原因で理想の家の実現ができなくなるということが少しでもなくなるよう、ローン相談や助成金、控除、さらには相続のサポートも行っています。
専任のファイナンシャルプランナーが在籍しており、さまざまな工夫をすることで予算的な部分まで一緒に考え、理想の家を建てる事が可能になります。

また、高齢化社会では介護の問題も大きな課題です。私たちは介護やバリアフリーに対しても積極的に取り組んでおり、地域でボランティアや研修、セミナーにも参加し研鑽を重ねております。
建物自体と同様に、それぞれのご家庭の環境ととことん向き合い、「暮らし」の一部のサポートをすることで、西多摩地区に住む方々の人生を少しでも豊かにしていければと考えています。

地域への取り組み

そして、昨年からは「スマイルハートプロジェクト」と題し、西多摩地区の保育園や幼稚園で寄付イベントを行っています。このイベントは、①工作、②体操、③寄付の3本柱で成り立っており、一時間目の工作は、建築の際に残った材木を使って行う家の模型製作です。

スタンプや絵の具も使い、自分のオリジナルの家を製作し、最後にその街の大きなマップを用意し、自分の建てたいところに家を建てます。
子どもたちの独創的な家づくりは、我々プロから見ても驚きの連続です。模型ではありますが、子どもたちの「自分でこだわりの家をたてた!」という喜びを爆発させた笑顔を見ると、街づくりや家づくりへさらに真摯に取り組もうという気持ちにもなります。

二時間目の体操では、水井装備の想いに共感してくれた講師の方が行う体操教室です。こうして想いを共にする方々と一緒に街を盛り上げることは、普段の仕事に加え、新たな活力になっています。

三時間目の寄付では、事前に伺った「その幼稚園で足りないもの」を水井装備がつくって寄付をしています。大きな本棚や靴箱、舞台など、私たちがひとつひとつ丁寧につくります。この街で育っていく子どもたちが笑顔でいることは、この街を豊かにすることにもつながっていく。そんな想いではじめた小さな活動です。

これからは、ご高齢者施設・障がい者施設や小学校、企業、住民の方々ともコラボレーションをして、みんなが元気になれるプロジェクトに発展していけるように歩んで参りたいと思います。

ここまでこんなにも長い文章を読んでくれたみなさま、本当にありがとうございます。
私たちは、これからもこの地域で暮らし、企業としても活動を続け、この街この地域を盛り上げていきたいと考えております。

そのために、今日も自分たちにできることを重ね、ひとつひとつの建物や住まいをつくり、暮らしのサポートを、地域の取り組みを少しずつ丁寧に行ってまいります。
建物や住まいに関するご相談はもちろん、地域への取り組みでご一緒できることもあれば大変嬉しく思います。この街の、次の景色を一緒に作ってまいりましょう。
そんな想いを胸に、皆様とお話しできる機会を心待ちにしております。

水井装備社員一同