令和2年不動産鑑定士試験

令和2年10月17日~19日の3日間、毎年恒例みたいになっている不動産鑑定士試験を受けて来ました。
今年は、新型コロナウィルスの関係で、8月から2ヶ月遅くなっての実施となり、通常より準備期間が多く取れました。
終盤の追い込みも今年は時間を割くことが出来たので、満を持しての受験となりました。
手応えについてですが・・・初日、2日目までは順調でした。
試験が終わってからも必死に勉強したので、、本当によく勉強した3日間でしたが、最終の3日目の最後の午後の科目が・・・
確かに難しかった内容だと思いますが、まさかのミス連発で力尽きた感じです。
ここまで手応えあったので、本当にがっくりしました。
まだ、結果は分かりませんが、この内容では期待できないと思います。
毎年100人程度の合格者なので、この100人に入るには、どんな問題でもミスがなく、ある程度の点数を出せるようではないと難しいです。
10年以上挑戦し続けて、この100人に入る難しさを痛烈に感じ、流石に心が折れました。
そんなこともあって、次の日曜日に昭和記念公園で、キレイな銀杏並木を見ながら子供たちと散歩して、折れた心を癒してきました。
まだ、これからどうするか考えていませんが、とりあえず、鑑定士への夢は一旦保留したいと思います。

株式会社 水井装備 0425573829 〒190-1223 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎西松原14-4

お問い合わせ・相談

新築、リフォーム、設備のトラブルなど、お住まいに関するご相談、お問い合わせは、お電話またはメールにて受付しております。