水井装備の提案するwtth eとは

ご自宅の快適性はいかがですか?

快適性といっても、色々あります。例えば、家の中での動きやすさや、家のどこにいても温度差がないことや、地震が来ても安心など、様々です。
住宅に関する技術は、日々向上しています。耐震性、気密性、断熱性など住宅で快適に過ごせるようにするために、材料や工法などが研究されています。

一概に最新の住宅が最高の快適性をもたらすとは言えませんが、より良い住環境を与えてくれるでしょう。

ご自宅の資産価値を考えたことはありますか?

土地は時間が経過しても古くなることはなく、また、増えることはありませんが、減ることもありません。そしてその土地の価値は様々な要因で変動しますが、価値がなくなることは通常ありません。
しかし、その上に立つ建物はどうでしょうか?これは、時間が経過するごとに老朽化し、その価値も通常は、新築時が一番高く、時間の経過に伴ってその価値は低くなります。

この「国がすすめる住宅のあり方」は、いままでの建てては壊し、また建てる住宅ではなく、省エネ性能、耐震性能などを備えた、快適で安全な長持ちする家のことです。例えば、建築基準法の改訂により、耐震基準などが厳しくなり、改定前の住宅で現在の耐震基準を満たしていない場合には、その価値は大きく減少します。

快適性と資産価値の両立

快適性と、資産価値の問題を解決する方法としては、リフォーム、建て替え、新築住宅への引越などが挙げられます。新築住宅への引越は、新しい家の性能と、自分の生活スタイルにあったものが見つかれば良いですが、新たな場所で新たな生活をスタートしなければならず、また新築住宅は比較的若いファミリー層向けに作られるので、余分な部屋があったり、キッチン、お風呂が2階にあったりします。

建て替えは、仮住まいへの引越と新居への引越と、引越が2度もあり、また、建物を取壊してから、再度建てることから時間もかかります。
この中で、一番予算がかからず、手軽で簡単なのがリフォームでしょう。リフォームでは、建て替えに近い大がかりなものから、ガラスの交換、建具の調整などの小さなものまで、様々な問題が解決できます。弊社でもお客様のご要望にお応えして様々なリフォームを手掛け、様々な問題をクリアしてきました。お客様に満足と快適性を提供できたと自負しております。ただし、リフォームに関して次のことも考えておく必要があると思います。

「リフォームで本当に快適性と、資産価値の問題を解決できるかどうか」です。ここで、快適性と資産価値の問題を考えた時にリフォームで注意しなければならない点を挙げてみます。

  • Point1

    家の中での動きやすさについては、例えば邪魔な壁をとったり、ここの段差を無くしたいなどありますが、それをするためには、大事な柱を取らなくてはならなかったり、一つの段差を無くすために周辺の部屋の床や、ドアなどを全て変えないといけなくなったりします。つまり、それが実現可能で、本当に動きやすくなるのかに注意が必要です。

  • Point2

    家のどこにいても温度差がないことについては、昔の住宅は隙間が多く、断熱材も劣化しているので、部分的に隙間を埋めて、断熱材を入れ替えても、その他の部分の隙間や断熱材から、暖気が逃げて、寒気が入り込んでくると、結局は温度差の解消が出来ないことがあることに注意が必要です。

  • Point3

    資産価値については、躯体だけ残して全面改修するような大きなリフォームをすると増加価値が出ますが、水廻りのリフォームや、内装のリフォームだけでは、築○○年の方に目がいき、なかなか増加価値が出ないことに注意が必要です。

提案

建て替えは、引越の手間や、仮住まいの不便さ、リフォームより高額になるなどマイナス要素はありますが、これからの人生を快適に安全に過ごせる家を建てることが出来、新築なので資産価値も高まります。

つまり、これからの人生を送るために、自宅にどれだけお金がかかるか考えた上で、水廻りのリフォーム程度で済みそうであれば、リフォームを選択し、色々なところを直す必要がありそうで、直しても根本的な解決が出来ないようであれば、費用対効果の面から建て替えを選択するほうが、より良い今後が過ごせるのではないでしょうか。

コンセプト

家族が健康で住める家

いくらお金をかけて作った、人がうらやむような豪邸に住んだとしても、家族が病気になったり体調を崩してしまうようなことになっては本末転倒です。

財産を守る家

大地震、突発的な豪雨、火災などで、今まで培ってきた家族の歴史を一瞬で奪っていく災害に対して強いものでなければなりません。

快適な家

健康であったとしても、夏は暑く冬寒い住宅では困ってしまいます。
さらに家族のいる居室だけ涼しく、また暖かく、その他お風呂やトイレなど暑くて寒い住宅というのも困ります。

そんな温度差のある住宅での突然の事故も実際には数多くあります。我慢しないでエネルギーをあまり使用しない快適に住まえる住宅を提案いたします。さらに空気環境も最適を求めます。
気密・断熱性を高めた住宅により実に正確に空気の流れを創ることが出来ます。

空気のよどみを作らず計画的に空気を循環させることが出来るので嫌な結露の発生も最小限に抑えることが出来ます。

部屋間の温度差が小さい

温度差の小さい生活空間は、身体へのストレス軽減にとどまらず、集中力アップによる作業の効率化など、ひとへのプラス影響が多く期待されるため、家づくりにおける“温度設計”が重要になります。

温度差によるヒートショックが死亡率を上げている

冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じる不快感。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大問題となります。

高齢者の家庭内死亡事故の多くが入浴中、浴槽内での溺死であり、寒い時期に集中しています。その多くが温度差によるヒートショックで、心筋梗塞や脳出血・脳梗塞などを引き起こしたことが原因と考えられます。

不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、with e(SW工法住宅)なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。