1. ホーム
  2. 工事日記
  3. 外階段の床シートの張替え

工事日記

外階段の床シートの張替え

2019年07月11日

雨漏りのある現場で、その原因と考えられる床のシートの張替えを行いました。

原因調査で、色々な箇所を調べては、処置して、調べては、処置してを繰り返し、最終的に床のシートがダメかもしれないという結論に達し、準備を整え、床シートを剥がしてみました。

この床シートはノンスリップシートと呼ばれるもので、外階段や外廊下に使用されるものです。なので、水漏れしないようにしっかり施工されているので、最後までこの可能性を否定して、他の部分から処置しました。

今回は剥がしてみたら、床のシートの下がびっしょりになっていて、この部分が原因でした。おそらくシートの継ぎ目が経年劣化か、何らかの原因で損傷し、そこから雨水が侵入したものと思われます。一旦水が入ると、色々な部分が影響を受けます。今回は、下地の鉄部が錆びてしまい、その錆による膨らみで、シートが引っ張られ、様々な部分の継ぎ目が開いて、下の階の雨漏れになったようです。

今回の工事では、シートを剥がしたの後に、しっかり乾燥させ、端部を防水処置し、新規のシートを張って、さらに端部を処理しました。

水はどこから侵入するか本当に分かりません。まだほかに原因があるかもしれません。また、雨が降ったら対策が万全であったか確認して、雨漏れが無ければ工事完了になりますので、近々大雨が降るのを待って、確認に行きたいと思います。