1. ホーム
  2. 工事日記
  3. コロニアル屋根の棟押えの交換

工事日記

コロニアル屋根の棟押えの交換

2019年05月09日

コロニアルの屋根の棟部分を押えている金物を交換しているところです。この部分は台風などの突風を受けているうちに釘が緩んだり、釘の頭の部分から少量の雨水が侵入し下地の木が傷み、釘が抜けてしまったりすることがあります。

今回は棟の押え金物が台風で変形してしまったので、下地の木と一緒に新しい物へ交換しました。

なかなか見えない部分ですが、家の天辺を守っている部分なので、とても大事です。かといって屋根の天辺なので点検することも非常に難しいです。

最近ではドローンで屋根の点検をする業者も増えてきています。弊社でも協力会社がドローンを飛ばしてくれるので、ドローンでの点検も可能です。

大きな台風が来た後や、暴風が吹いた後など、気になったら点検することをお勧めします。