1. ホーム
  2. 工事日記
  3. ドアクローザー交換

工事日記

ドアクローザー交換

2017年08月10日

瑞穂町にある町営住宅のドアクローザーを交換しました。
既に退去している部屋の修繕工事で入っていますが、ドアクローザーから油が漏れていて、油圧が働かず、ドアがバターン!と勢いよく閉まります。
風が強いともの凄い勢いで閉まるので、非常に危ないです。
でもなかなか、市販されているのを探して、自分で取替るのは難しいです。ドアサイズに応じてクローザーの大きさも異なり、枠とドアの形状によって、パラレル型など様々な種類があります。
付け方を間違えるとドアが完全に閉まらなくなってしまいます。
ドアクローザーは、その故障のほとんどが、油漏れによる油圧機能が作動しないものになるので、交換しか対処方法が無いです。
ただ故障はしていないが、バターンと閉まる症状は、クローザーの本体にあるスピード調整がおかしくなっている場合があります。
これは、1番、2番と書いてあるボタンを右に回すとスピード調整が強くなってゆっくり閉まるようになり、左に回すと閉まるのが早くなります。1番はドアが開いた状態からある程度閉まるとこまでのスピードで、2番はある程度閉まったところから閉まりきるまでのスピードです。
油が切れていなければ、これで調整可能です。
勢いよく閉まると危ないので、なるべく早めの対処をお勧めします。