1. ホーム
  2. 水井装備ブログ
  3. 消費増税の住宅関連情報

消費増税の住宅関連情報

2019年09月13日


消費増税の住宅関連情報

いよいよ10月より消費税が10%になるようです。
住宅購入関連、リフォーム関連の情報について少し触れたいと思います。
前回、消費税が5%から8%へ上がったときにはかなりの駆け込み需要がありましたが、その後、消費が落ち着いてしまった経験を基に、今回の増税では、駆け込みということでは、あまり騒がれなかったと思います。その秘密は、増税後も消費が落ち着かないように政府の方で増税分を賄える支援を発表しているからです。
まず、
① 住宅ローンを使用する場合のローン減税の拡充です。今まで控除期間が10年でしたが増税後は、13年に延長されます。その延長された分で消費税率2%分減税(最大)するとのこと。
更に
② すまい給付金の拡充です。8%のときは最大で30万円だったところ、増税後は最大50万円に拡充されます。
そして
③ これはリフォーム工事にも適用されますが、次世代住宅ポイント制度というものがあります。これは、一定の条件の性能を有する新築住宅やリフォーム工事に対して【新築住宅】最大35万円相当のポイントを付与【リフォーム】については最大30万円相当のポイントが付与され、商品などと交換可能となる制度です。
④ 住宅取得等の資金に係る贈与税の非課税措置。8%の時は最大で1200万円まででしたが増税後は最大3000万円まで非課税枠が拡大されます。
いずれも期間など一定の条件がありますが、このような政府の施策が今回、住宅関連の増税についてそこまで騒ぎにならなかった原因の一つではないでしょうか。
これからはしっかりといろいろな情報を知っておかないといけませんが、消費者様は中々住宅関連の一大プロジェクトを何度も経験することは少ないと思います、ですから信頼ができ親身になってくれる専門家選びが大事だと思います。