1. ホーム
  2. 水井装備ブログ
  3. 高性能な住宅を建てるメリット② 「健康と快適」

高性能な住宅を建てるメリット② 「健康と快適」

2018年09月20日

突然ですが、皆さんは、PPK、NNKという言葉をご存知でしょうか?最近は、かなり有名になってきているこの言葉ですが、初めてというかたは、ここで学んでいただければと思います。
PPK・・ピンピンころり
NNK・・ネンネンころり
挿絵をご覧ください。

人間だれしも、死を迎えますが、死の迎え方が大事になります。やはり、皆さん元気で長生きして、コロッと笑顔で・・が理想なのではないでしょうか?それが、「ピンピンころり」
最後までピンピンしていてコロッとって感じです。そしてその対義語が「ねんねんころり」です。歳とともに健康状態が悪くなって・・ということです。
ウィキペディアにも載っていますので、是非ググってみてください。
どちらの人生を選びますか?と言われたら迷うまでもないですよね。当然、PPKということになります。実は、これには住宅の性能と密接な関係があるんです。

また、「死亡の割合が多い季節」は、と聞かれたら、いつになるでしょうか?想像つくかと思いますが、「冬」ということになります。しかも、その地域別割合は、寒い地域が多いのではなく、比較的温暖な地域に多いという統計も出ています。寒い地域は、冬の住宅の対策がしっかりと出来ているということです。

そして、その「冬の死亡の原因」の一つに住宅内のヒートショックという事故があります。このヒートショックは、最近特に問題視されるようになってきましたが、なんと車の交通事故の年間件数よりはるかに多い方々がこの影響でお亡くなりになられております。
原因は、住宅の断熱化不足です。昔は、「夏をむねにして」住宅つくりを考えておりましたが、今は「冬」を基本に住宅設計をするのが正解だと思います。安心安全を購入したはずの住宅でこのような事故が起こってはならないのです!

だから、しっかりとした性能の住宅が必要です。こんなデータもあります。大学の岩前教授という住宅の断熱化が健康につながるという研究を重ねているグループがあるのですが、各種データの中に、昔の家から断熱化ができている住宅に引っ越すと、健康改善をされた方が多いという結果があります。

何のために新居を建てるのかを長い目で見て皆様には判断していただきたいと思っております。