1. ホーム
  2. 水井装備ブログ
  3. 高性能な住宅を建てるメリット①

高性能な住宅を建てるメリット①

2018年08月27日

今まで勉強してきたことを実践すると、どのようなことが起きるのか?そのメリットはたくさんあるのですが、少しずつ紐解いていきたいと思います。まず、自然環境を利用し易くなります。基本性能の担保ができてくれば、あとは、設計の力で、冬場はなるべく太陽光を取り入れ、夏場は遮蔽するようにするようにしたり、中間期には風がうまく通り抜けるように窓の配置も考えてあげる、そうすることによって、冬の昼間太陽熱をできるだけ取り入れて、夜の暖房負荷を抑えてあげたり、夏の日射遮蔽で冷房負荷を抑えてあげたりできます。

いわゆる省エネ住宅になります。となると、太陽光発電システムなどで効率よく創エネをすれば、ゼロエネルギー住宅(ZEH)というこれからのスタンダード住宅にも簡単に手が届いてきます。

また、湿気を通しにくい硬質ウレタンフォームを使用することや高い断熱性や気密性により、住宅の性能と耐久性を低下させる「内部結露」を発生させないことができます。

写真は、20年前に建てたお家の内部の状況です。20年経っているとは思えないほど施工当時のままの状態でした。内部結露もなにも発生していないことがわかりますよね。

 

まだまだたくさんのメリットがありますので次回また、お楽しみに。