1. ホーム
  2. 水井装備ブログ
  3. ZEHになるための条件

ZEHになるための条件

2017年07月26日

ZEHとするための最低条件は、建物の基本性能を高めることです。

今までの住宅は、写真にあるようにこんな感じで同じ部屋内でも床と天井での温度差がかなりあります。

窓からの冷気や隙間からの冷気の侵入でせっかく温めた空気は、上昇しそのままどこからかの隙間から出て行ってしまいます。エネルギーをどんどん垂れ流していて全然快適な温度にならない状態です。この状態を改善するためには、エネルギーを逃げにくくしてあげる必要があるんです。

熱が逃げる割合は、窓からの熱の損失が一番ですが、他にも天井や壁の隙間、また断熱性能の不足、断熱材の隙間、換気扇などいろいろなところ(隙間)から熱は逃げていきます。それではせっかく快適にしたエネルギーを無駄にしないためにはどうすればよいのか・・・

1.窓の性能を上げる→窓からの熱の損失が一番ありますので、性能の良い窓を設置することにより改善されます。熱の損失の少ない窓とはガラスが2枚以上になっているのが最低条件です。できればトリプルガラスが良いですね。フレームは、アルミとかの金属単体ではなく、熱伝導の少ない樹脂系サッシや樹脂とアルミの複合サッシなどが良いと思います。木製のサッシが良いのですが、季節により開け閉めに支障が出てきたり、メンテナンスことや防火関係も考慮しなくてまならないので地域によってかと思います。新築でも内窓を付けることによってかなりの性能アップは見込めると思います。

2.建物の断熱性を良くする→昔の住宅と違い今の住宅は断熱材はかなり良いものを使用していますが、新築当初だけではなくいつまでたってもその断熱性が担保されるようなものを使用しなくてはならないと考えます。グラスウールなどマット系は、外壁のメンテナンス不足や万が一の内部結露が発生した時などに断熱材に水分が含まれると一気にその断熱性が損なわれます。一度そうなってしまうと二度と元の断熱性能は戻ってきません。ですので板材系の成形の水分のすわない断熱材が良いと思います。断熱材の厚みも熱くすることによりかなりの断熱性が期待できますし半永久的にその断熱性が担保されます。

3・建物の気密性を良くする→実は、断熱性だけいくら高めてもダメなんです。この気密性が重要で、例えば断熱性がものすごく高いものを使用しても、断熱材と断熱材の合わせ部分に隙間が生じているとそこから湿気や温度が逃げていきます。手で水をすくってもどこからか隙間があって水が漏れるような感じです。ですから良い断熱材を隙間なく敷き詰めるのがポイント!熱の流入出を少なくするには気密性を良くすることが大事なんです。

4.換気性能を高める→現在の建物は法律で24時間換気をしなければなりません。これは、建物の気密性がある程度確保されると有害な揮発性物が室内に充満するのを防ぐためです。この換気性能もただ室内の空気をそのまま排出するだけではせっかく建物の断熱性気密性を良くしてもエネルギーをそのまま排出してしまっているのと同じになってしまうので意味がありません。少しイニシャルコストはかかってしまいますが熱交換型の換気扇の設置が良いと思います。

以上のようなことに気を付けて建築すると・・・

 

 

 

 

画像左側のような上下の温度差の少ない室内(家全体も)を作り出すことができます。(右側は今までの住宅)

このような性能を作り出せば、当然使うエネルギーも少なくて済むので、ZEHに近づくことが可能です。

ZEH=ハイテクな住宅とお考えだったかもしれませんが、ZEHはまずは、しっかりとした建物の基本性能を高めることから始まります。