1. ホーム
  2. 水井装備ブログ
  3. 立水栓配管の破裂

立水栓配管の破裂

2017年01月26日

寒い日が続きます。良く屋外に立っている立水栓ですが、冬場はよく凍ってしまい午前中くらいは水が出ないなんてことありますよね。凍って出ないだけならばよいのですが、まれに凍ったことによる膨張のため配管が破裂してしまうことがあります。今回は立水栓の内部でそれが起こってしまっていました。立水栓は出来上がった商品のため僕らでは中々対処が難しいのですが、今回は、とりあえず水を止めないといけないので立水栓を壊して止めました。

朝、お仕事に行くときは漏れていなかったとの話ですが、帰宅すると立水栓の周りがびっしょりと濡れていたとのことです。よく見ると周りからちょろちょろと漏水が確認できました。

写真ではわかりずらいですが、少し振動を与えるとたまったお水が噴き出てきました。かなりの漏水です。

壊していったところ、給水管の曲がり箇所のところが破損してました。繋ぎの部分で弱いところです。立水栓自体は、配管廻りがしっかりと断熱されていて大丈夫なのですが、どうしても蛇口の近くの部分ですと、蛇口の金属の部分からの熱伝導が強く凍ってしまう可能性があります。

全体的な確認のため配管を露出しました。破裂個所はその部分だけでした。

その部分を切断してとりあえず応急的に漏水を止めました。

その後配管露出箇所をタオルなどで保温して応急工事は終了です。