1. ホーム
  2. 水井装備ブログ
  3. くらしが変わる新築・リフォーム・省エネ住宅ポイント

くらしが変わる新築・リフォーム・省エネ住宅ポイント

2015年04月23日

当社が参加しているアソビエにも投稿した記事ですが、より知っていただきたいので僕のブログにも改めて投稿しますね。
「省エネ住宅ポイントとは」簡単に言うと環境にやさしいエコ住宅の新築や環境にやさしいエコリフォームをした場合にそれぞれの条件に見合ったポイントが発行されそのポイントを工事費用に充てたり商品や商品券などと交換できたりする制度です。
1ポイント1円として換算され、新築住宅だと一律30万ポイント、リフォームだと最大で30万ポイント(耐震改修を含めると最大45万ポイント)
発行されます。30万円分ということですね。

今の暮らしを変えたい方々にとっては、いいきっかけになるのでは?と思います。ではいつまでこの制度は続くのだろうと思われる方も多いのではないでしょうか?国は、平成28年3月31日までの着手か予算がなくなるまで・・といっております。その予算は905億円。皆さんはとんでもない額だな、無くならないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはないんです。予算がなくなるまで・・と言っているということは、早い者勝ちです。と言っているのです。
ここだけの話、業界のうわさでは、11月頃には終わっちゃうんじゃないか?いやいや7月8月頃には終わってしまうよ。ということまで言われております。
省エネ住宅ポイントが付与されるような住宅は、どんな住宅になるか?

・今までより結露の少ない住宅
・今までよりエネルギーを使わない住宅(光熱費のかからない住宅)
・今までより夏涼しく冬暖かい、家にずっといたくなるような住宅
・段差の少ないバリアフリーな住宅(リフォームは手すりを付けるとポイントつきます)
・今までより健康でいられる住宅

このポイントどうやって使おうか?
・希望すれば、申請代行は工事業者さんかやってくれます。
・別途工事に当て込めます。(即時交換という制度)外構工事やその他アップグレード工事
・商品券や地方商品、エコ商品と交換できます。(ネット、カタログで選ぶ。前回までの交換は商品券がほとんどだったようです)
たとえば・・・新築の場合・・・  一律30万ポイント
たとえば・・・リフォームの場合
お風呂・トイレ・洗面所を改修して 居間に内窓をつけようかな?とします。
するとバリアフリー工事まで含めますと・・・
高断熱浴槽2.4+節湯水栓0.3+浴室手すり0.6+出入口幅拡張3.0+段差解消0.6+節水トイレ2.4+トイレ手すり0.6=99,000ポイント
内窓を設置3か所 掃き出し窓2か所 腰窓(1.6㎡以上) 内窓設置2.0+2.0+1.4=55000ポイント
合計で 15万4000ポイント(15万4000円分)が付与されるのです。

このポイントでキッチンの入れ替え工事に当て込んでもいいし、商品に交換してもいいし・・新築もリフォームもどうしても一歩前にすすめない方々にとりましては、最高のきっかけになるのではないでしょうか?
きっとこの制度をきっかけに今までよりも快適な生活ができることを実感していただければと思います。
記事は少し長文になってしまいましたが、情報が少しでも皆さんのお役に立てばと思います。